きのこと共に歩む札幌キノコの会


7月20日、2024公開講座『桜山キノコ研修会』第12回を実施しました。今週も、アカヤマドリ、ススケヤマドリ等のキノコが顔を出していませんでした。
 また、駐車場には蝦夷鹿の小鹿の骨の残骸が有りました。道路の横断時に車と接触したのを烏かアライグマが食べたのでしょうか❓死んだ原因が分からないと、気持ちの良いものでは有りませんがゴミ袋に入れて処分しました。
 本日の参加者は、会員25名、一般参加者8名の合計33名でした。
 本日の他の画像は、写真集2024公開講座『桜山キノコ研修会』第12回を見てください。 ・・・  続きを読む
写真あり
2024.07.13
写真あり
2024.07.06
写真あり
2024.06.29
写真あり
2024.06.22
全ての記事一覧を見る
2024度第2回役員会のお知らせ! 新着情報
2024.07.10
★ 2024度第2回役員会
 7月22日(月曜日) 18:00 エルプラザ

 ダニ媒介脳炎7例目 函館70代男性意識障害も! 新着情報
2024.07.04
 市立函館保健所は。3日函館市内の70代男性がウイルスを持ったダニに咬まれ『ダニ媒介脳炎』を発症したと発表した。男性は現在も市内の医療機関に入院中。同保健所によると、同脳炎の発症は国内7例目。いずれも道内で発生している。
 詳しくは北海道新聞7月4日を見てください。

国内6例目「ダニ媒介脳炎」50代男性が発症 山菜採りでマダニにかまれる 札幌市 新着情報
2024.06.26
札幌市保健所は26日、市内に住む50代の男性が、山菜採りでマダニにかまれ、「ダニ媒介脳炎」を発症したと発表しました。

男性は5月中旬、道央圏で山菜採りに出かけて、ダニに足をかまれたということです。

その後、発熱やしびれなどの症状があり、医療機関で検査をしたところ「ダニ媒介脳炎」を発症していました。

男性は意識障害やけいれんなどの症状もあり、現在は医療機関に入院し治療を受けています。

STVニュース北海道

国内で「ダニ媒介脳炎」が確認されたのは今回が6例目で、全て北海道で発生しています。

マダニの活動が盛んな春から秋にかけては特に注意が必要で、札幌市や道は、草が茂った場所に行く時は肌の露出を少なくするなど、マダニにかまれないよう呼びかけています。

2024年度公開講座桜山キノコ研修会のお知らせ!参加無料です!
2024.04.27
<キノコの正い知識を現地で学ぶ>
キノコを採集、目で見る、手に取る、解説を聞く、図鑑を読む、わからないことは質問が出来る講座です。
 2024年度年度公開講座開催日程は5月4日〜10月26日迄の毎土曜日開催です。8時30分開錠、8時50分集合、9時サンプル収集開始10時〜10時30分同定開始11時〜11時30分研修会終了です。札幌キノコの会が主催する無料のキノコ研修会です。札幌市が認めてくれている札幌市キノコの会の事業です。札幌市が後援、(申請中)北海道総務局の承認を得て会場を使用しています。例年5月第1土曜日から10月第最終土曜日の年間約26回開講しています。多少の雨天でも開講しています。事前予約等は不要です。参加者名簿に必ず署名をお願いしています。(会員、非会員)も含めて。参加の方には会員、非会員問わず障害保険をかけております。何かあった時の為に、参加者名簿には保険に必要ですから必ず署名お願い致します。
(決まり)会場内禁煙になります。愛玩動物の会場内の連れ歩きは出来ません。盲導犬、介助犬等は許可されています。
幼児、障害のある方、車いす等は介助者補助者の同席を必ずお願いいたします。
 会場は基本的に動植物の採取禁止です、キノコの標本採集が許可されています。食用を主たる目的でのキノコ採取は北海道からは許可されておりません。
 採取場所を特定できる表現、写真でのSNSでの拡散も禁止いたします。(会場の自然環境)保護の為であります
(希少きのこ等採取制限があるキノコ)指定します。
 集合場所は閲覧資料の公開講座桜山キノコ研修会を見てください。(4-B地点)です。西岡方面から石山方面に通じる道路ですが駒岡方面に行くY字道路の付近の広場です。地下鉄真駒内駅の50m石山寄りに信号、階段から徒歩でA遊歩道を横断、4-Bに渡れる山道もあります。
 上記の注意事項と主催者の支持を厳守して頂くことが参加の条件ですが、故意の違反者は参加をお断りします。

札幌近郊のきのこ紹介が再開
2024.03.06
 技術的なトラブルで、暫く不通になっていた札幌近郊のきのこ紹介が開通しました。ご迷惑をお掛けしたことお詫びします。

全ての記事一覧を見る