きのこと共に歩む札幌キノコの会

札幌キノコの会
札幌キノコの会のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
公開講座山研修会開催(4月21日〜10月27日毎土曜日) 全28回予定
2018.04.21
桜山研修会開催日4月21日、昨年3月より札幌近郊のきのこがタブレット検索可能になりました。(不明キノコの検索にご利用して頂きたい)。今年度も北海道大学名誉教授五十嵐先生も参加される予定です。
公開講座桜山研修会は今年11年を迎える(公開講座は6年目)です。
公開講座の成果として挙げられるのは、会のホームページ札幌近郊のキノコたちです。小野副会長が中心に桜山で観察されたきのこを中心に企画し現在の形になりました。採取キノコは会報誌(昨年までは別冊)掲載され、その活動はキノコを学ぶ多くの道外の方にも賛同を得ています。今年2月に和名をつける栄誉を頂きました。
(桜山で採取されたキノコ)エゾノアミスギタケと命名し、今年菌学会に発表予定です。今年も菌学会関係者の来場が、予定されています。
子供達も参加できる自然観察キノコ観察、未知の可能性を秘めるキノコの公開講座桜山研修会にご参加ください。今年も4月21日(土)〜10月27日(土)全28回予定しています。
会場等の管理は会の役員が担うことになりますが、今年も菅氏、長谷氏、吉成氏ほか各支部役員以外の方々のご協力を頂き、公開講座としての活動となります。
会員家族も含め一般参加者も歓迎の研修会にぜひご参加ください。会場検索は閲覧コーナを開いてください。B4地点に集合です。

前の記事を見る次の記事を見る
札幌キノコの会のトップに戻る