きのこと共に歩む札幌キノコの会

札幌キノコの会
札幌キノコの会のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
会長年頭あいさつ
2020.01.04
 札幌キノコの会の皆様明けましておめでとうございます。
           札幌キノコの会会長 田上祥二
 アメリカ合衆国に予期せぬ大統領が誕生し、この先の不安をおぼろげに言葉にした記憶があります。世界が混沌の時代に導かれなければ良いのですが...。一昨年の台風、地震以来の天地異変が異常気象のせいなのかは分かりません。世界に自国至上主義が蔓延する中、日本人は「人を、自然を、思いやる心」を失わないようにしましょう。今年こそは私達にとって、キノコにとって良い一年となる事を願わずにはいられません。食中毒防止のための啓蒙という社会的要請を受けて始めた桜山キノコ研修会は、公開講座となり9年目を迎えます。一般参加の中から若い方が入会して頂くことは、高齢化の波を受けている当会にとって継続する事の大切さを心から感じています。又、8年続けて行われた円山動物園でのキノコ展にも、多くの会員の皆さんの協力を頂きました。今年も南区、豊平区のキノコ展や白旗山キノコ展を支援すると共に、林道清掃事業や支笏湖森林復興事業等を通して、自然環境保護に貢献する会として、皆さんと共に社会貢献も果たして行きたいと思います。会員の皆様が楽しい活動ができることを祈念して新年の挨拶といたします。

次の記事を見る
札幌キノコの会のトップに戻る