きのこと共に歩む札幌キノコの会

札幌キノコの会
札幌キノコの会のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
札幌市みなみ区民講座「里山のキノコを知ろう」を全面協力!
2013.09.07
※[写真:生態写真と展示キノコを観察する受講者]

札幌キノコの会は、9月7日(土)13:30〜15:30の間 平成25年度みなみ区民講座(主催:札幌市南区民センター運営委員会)「札幌の里山のキノコを知ろう」を全面協力しました。区民講座協力は今年で3回目。第1回目の平成23年度は、地下鉄真駒内駅裏に位置する「北海道保健保養林(通称:桜山)」の現地開催。昨年の2回目は「クマ騒動」で中止。今年は、昨年中止した経緯から室内において「講演とキノコ展示による解説および受講者が持ち込んだキノコの鑑定」などを実施しました。
講演は、札幌キノコの会事務局員 吉成孝志氏が「キノコのお話」と題し、自然界におけるキノコの役割などについて講演しました。講座後半は、会場内に設置しましたにキノコの役割などについて解説したパネルや生態写真、当日 桜山公開講座で採取されたキノコを展示しました。、キノコの季節を迎え、受講者の熱心な質問など盛況裏に終了しました。
(状況写真は「写真集」参照)

前の記事を見る次の記事を見る
札幌キノコの会のトップに戻る