きのこと共に歩む札幌キノコの会

札幌キノコの会
札幌キノコの会のトップ >> 活動報告 >> 活動報告の詳細
活動報告の詳細
公開講座『桜山研修会
2014.10.25
キノコ採取の後、鑑定場所を石山の菅山荘に移して、最終回のキノコ鑑定会を行いました。ホンシメジをはじめとして、ヌメリガサ科のマツノコケイロヌメリガサ、アケボノオトメノカサ、キヌメリガサなど、40種類余のキノコ鑑定をしました。
7年目の最終回で、菅氏から「今までシモフリヌマリガサとしてきたものが、マツノコケイロヌメリガサの間違いであったこと、今日の菅鍋ではこのキノコにお詫びとして、他のキノコを一切入れずに、このキノコだけを入れて作った」との報告がありました。
最終研修会としては今までで最多と思います。
鑑定会後、菅副会長と第4支部の島田さんの準備した菅鍋に舌鼓を打ちながら、談笑の中で楽しい時間を過ごし、一年の活動を振り返りました。マツノコケイロヌメリガサの味にも感激しました。
最後に解散式を行い、一年間の無事を感謝しました。
菅副会長と小野副会長のお二人に、心からご苦労様とお礼申今日は平成26年桜山研修会の最終日です。
30人を超える参加者がありましたが、皆さんの行いが良く(?)て、素晴らしい研修会日和でした。1時間30分のし上げます。有難うございました。
お二人には体調を整えて、来年もよろしくお願いします。

菅副会長の本年研修会終了の挨拶
鑑定会風景
最終鑑定会のキノコ
平成27年度公開講座桜山研修会開催(4月25日)(土)
平成27年度公開講座桜山研修会開催(4月25日)(土)
開催いたします。
今年は雪解けも早く、すでに道南からは桜の便りも、キノコではベニチャワンタケ・シロキツネノサカズキモドキが確認されています。
前の記事を見る次の記事を見る
札幌キノコの会のトップに戻る